健康状態に合わせた住まい|請求事務のミスを少なくする|介護請求ソフトで作業を簡素化

請求事務のミスを少なくする|介護請求ソフトで作業を簡素化

2人の女性

健康状態に合わせた住まい

男女

「特養」は入居待ちも覚悟

老人ホームには種類がある事をご存じですか。大阪のような大都市では、老人ホームも数多く存在しています。理想とする老人ホームを見付ける為、細かな所もチェックしましょう。老人ホームは大きく分けて3つあります。「有料老人ホーム」「特別養護老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」です。特別養護老人ホーム(特養)は介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。入居の条件としては65歳以上である事、要介護1〜5の認定がある事、自宅での介護が困難である事が挙げられます。介護保険を利用出来る事や月額の費用が他の施設より安い事から、なかなか入居出来ない人もいるようです。重度の人が優先となる為、入居待ちは早い人で数カ月、長い人では年単位で待つ現実もあるようです。大阪は比較的需要の高い地域なので、入居予定のある方は早めに問い合わせておくことが大切です。

サ高住でリッチな生活を

主に民間企業が運営しているのが有料老人ホームです。介護が中心となる特養とは違い、高齢者が生活しやすい「住」をメインと考えるのが有料老人ホームです。勿論食事や介護、洗濯、掃除などのサービスも付いています。有料老人ホームは介護型や住宅型、健康型などの種類があり、それぞれの施設によって入居条件も異なります。年齢や健康状態、生活スタイルなどを考慮して選びましょう。大阪には高所得者向けの老人ホームもあるため、可能な限り不自由のない生活を送ることが出来ます。「まだ介護は必要ない」という人なら、民間の賃貸住宅のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)はいかがでしょう。高齢化社会が進むなか新規参入も多く、大阪にもたくさんのサ高住が出来ています。高級感ある内装や充実した施設内設備なども魅力の一つです。しかし認知症に対応していなかったり、重度の介護が必要となった時など退去の要請もあるので、事前に条件をしっかり確認しましょう。